沿革

昭和41年8月 川口市前川町3-1313に株式会社万葉を成立。資本金50万円。
昭和46年4月 区画整理により前川工場を閉鎖、蕨市北町1-9-7に工場を移転。
昭和50年9月 業務拡張に伴い、川口市江戸袋392に用地を購入、工場及び社屋移転。三階建延べ850平方メートル、日産10トン、資本金700万円に増資する。
昭和56年5月 資本金1,600万円に増資する。
昭和57年11月 業務拡張に伴い、横浜市緑区池辺3680に横浜支店設立。二階建延べ770平方メートル、日産10トン。
昭和58年11月  資本金3,200万円に増資する。
昭和60年1月 業務拡張に伴い、工場用地として岩槻市大字笹久保1356に土地2,700平方メートル鉄骨スレート葺き平屋建1,230平方メートル岩槻工場完成。日産28トン。
 昭和60年10月 資本金1億2,800万円に増資する。
 昭和60年11月 川口工場にE・O・G殺菌乾燥燻蒸装置CX-2Wを導入する。
昭和63年1月 地域環境と業務形態の変化に伴い、横浜工場を閉鎖。同月岩槻工場に吸収。
平成4年7月 第一工場生産合理化を図るため、オムツテンダーシステム導入を四期に分けて計画。
平成4年7月 第一期8台設置運転開始。
平成4年9月 第二期8台設置運転開始。
平成4年11月 第三期8台設置運転開始。第四期工事は第二工場生産ライン設定後に変更延期。
平成5年9月 医療関連サービスマーク制度の適合工場として岩槻市大字久保字宮野1658に工場を開設。
平成6年12月 寝具・白衣専用第三工場をさいたま市岩槻区大字笹久保字宮野1658に開設。
平成9年2月 汚水処理槽1,000トン設置。
平成9年4月 ワタキューセイモア(株)より取締役及び監査役各1名、計2名就任。
平成9年10月 L-CBW122台設置。
平成10年4月 生産質向上のため除鉄/除マンガン/軟水装置を設置。日産46トン。
平成10年5月 資本金1,000万円に減資する。
平成10年5月 資本金4,000万円に増資する。
平成10年7月 金属検出機設置。
平成14年9月 大型送迎バス導入。
平成14年12月 第一工場乾燥機28台を廃熱乾燥機14台に更新。第三工場浴衣フォルダー・浴衣フィーダー各1台設置。全窒素・全りん自動計測装置導入設置。
平成15年2月 代表取締役に佐藤芳光 就任。代表取締役を齋藤国太郎 離任。
平成15年4月 車両運行システム(GPS)導入。
平成16年12月 第一工場出荷場テント設置。
平成16年12月 第二工場金属検出機設置。
平成17年1月 第三工場洗濯脱水機 MOX 1台設置。
平成17年9月 資本金34,000万円に増資する。
平成17年11月 第二工場出荷場テント設置。
平成17年11月 第三工場洗濯脱水機 MWX 2台設置。
平成18年1月 資本金4,000万円に減資する。
平成18年6月 第一工場タオルフォルダー7台設置。第二工場オシボリ裸巻機3第設置。第三工場洗剤自動投入機導入。
平成19年4月 配送車両の清潔不潔分離隔壁32台分導入。金属探知機8台導入。金属検出機8台導入。
平成19年11月 タオルフォルダーライン増設。金属検出機1台増設。
平成23年7月 代表取締役会長に佐藤芳光 就任。代表取締役社長に高佐宣佳 就任。
平成26年7月 代表取締役社長に金田 成美 就任。
平成28年9月 代表取締役社長に澤田 郁夫 就任。